住宅金融公庫の融資最新の記事

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資手続きについて

お腹がすいた~【出前店多数!】の楽天デリバリー!

 

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンを受けたい方はどのように手続きを踏めばよいでしょうか。
まず、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のホームページを見たり、金融機関に出向くなどして、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資について、できうる限りの知識を得ることから始めましょう。もちろん、ここで、他社ローンに決められる場合もあります。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)でのローンを決意された場合は、金融機関で借り入れの申し込みをします。金融機関の審査が通れば、次には適合証明書の提出となりますが、まず建物の設計、設計の検査があります。そこで基準を満たしていると工事着工となり、一戸建ての場合は途中にも検査があります。無事竣工すれば、竣工検査があります。それを通ると適合証明書の提出となります。そこで初めて融資の契約を結び、資金を受け取ることができます。

そのあとは、登記、抵当権設定と続き、すべてが終了するとめでたく入居となります。以上、大変長い道のりとなっております。

書類の多さは機構の体質の強固さとイコールのものですので、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のローンの信頼性をうかがい知ることもできます。パンフレットはホームページからダウンロードできますので、まずはその内容を見て要件を満たしているかどうかの確認から始めましょう。

 

 在宅ワーク  借金返済  日経225  マンションの上手な選び方

住宅金融公庫の融資について

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)を利用する場合には、経済面での基準、建物に対する基準を満たさないといけません。
カテゴリー
更新履歴
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資手続きについて(2009年8月 3日)
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)を利用する場合の注意点(2009年8月 3日)
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の「フラット35」(2009年8月 3日)
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の機構財形住宅融資(2009年8月 3日)